トップに戻る
シェア

「44年ぶりに発行された厚労省の大麻冊子を読んでみた!」第1回

カート・ハーン 20/03/2021 0 comments

シリーズBLOG「44年ぶりに発行された厚労省の大麻冊子を読んでみた!」では、おそらくほとんどの日本国民に読まれていないであろう2020年3月に出版された厚労省発行の大麻冊子「大麻問題の現状」について、カンナビノイド医学教育を提供するMM411の視点から少しずつ紐解き、丁寧に紹介&解説をしてまいります。厚労省が4年間で3,000万円の研究費用と研究者を投じ、海外視察を通じて作成された大麻冊子には、厚労省の大麻問題に対する見解が示されています。シリーズBLOGをお楽しみください!

1回:44年前(1976年)の厚労省の大麻冊子の目次と比較してみた!

2020年3月に44年振りとなる大麻冊子「大麻問題の現状」が厚労省より発行されました。

これは2016年から2019年までの4年間、厚労省の補助金事業で実施した研究成果を基に執筆されたものです。

さて、44年前の1976年の冊子と比較して、時代が進んだな〜と不足している点をピックアップしてみました。2020年版は、第Ⅱ章、第Ⅳ章、第Ⅵ章、第Ⅶ章にまたがり、大麻草の医療利用についての有効性や各国事例を紹介している点です。1976年版は、第Ⅴ章でたったの3ページしか扱っていません。

世界各地での規制緩和と、エンドカンナビノイドシステム(ECS)の発見を含む研究の進展を踏まえると、「ダメ。ゼッタイ。」の厚労省とはいえ、無視できない話題です。わが国の「大麻取締法−第四条」による医療利用の全面禁止を今後どうするのかを議論するための基礎的な資料となっているでしょう。

一方で1976年版にあった、大麻の沿革、大麻草、大麻の取締り(法律制定の歴史的経緯)と詳しく書いていたものが、2020年版では第Ⅰ章に全てが簡潔にまとめられ、全削除されています。ここは簡潔にまとめるよりも、1976年版と同様にしっかりと丁寧に記述する必要があったのではないでしょうか。

また、1970年代のアメリカ発祥ヒッピー文化が全世界にマリファナ喫煙の普及をもたらしたことをきっかけに、その時代を反映してか1976年版には、大麻の鑑定法、大麻草の植物図、大麻吸煙器具、大麻の隠語に関する記述がありました。しかし、2020年版には不要な情報??として削除しています。

理由として考えられるのは、マリファナ事犯が4000人を超えた2020年現在、大麻冊子にこれらをわざわざ紹介していると、あたかもマリファナ喫煙を推奨しているような、専門用語解説冊子になってしまう懸念を恐れての判断であったように思います。

そして最後に、1976年版にあった第Ⅷ章「大麻の社会学的考察」は、2020年版に同章の「大麻問題に関する施策と教育啓発の現状」という単なる現状の政策紹介に留まり、社会学的な考察という「何かを考えること」を見事に放棄しています。

1976年:「大麻」

全92ページ

2020年:「大麻問題の現状」

全127ページ

Ⅰ. 大麻の沿革

大麻の起源と歴史、わが国における大麻の歴史

Ⅰ. 大麻とは

植物学からみた大麻、大麻の成分について、国際条約での規制、大麻に関する国内の法律

Ⅱ. 大麻草

大麻草の形状、大麻草の種類、大麻草の生育特性、大麻草の分布、大麻の調整品、大麻の成分、THC類似化合物、大麻含有成分の地域による相違

Ⅱ. 大麻・フィトカンナピノイドの有害性と医薬品としての応用:基礎と臨床

はじめに、大麻/THCの作用、カンナピジオール(CBD)の作用、大麻の依存性とその特性、フィトカンナピノイドの医薬品としての有用性、おわりに

Ⅲ. 大麻の鑑定法

簡易試験、植物学的試験、理化学的試験

Ⅲ. 大麻による有害作用:臨床的特徴

はじめに、検索方法、大麻成分とその急性作用、大麻の慢性使用による影響、大麻使用と精神病の関連、心臓血管系と自律神経系への影響、呼吸器の影響、大麻使用と他の薬物乱用、青少年の大麻使用、おわりに

Ⅳ. 大麻の作用

動物実験、ヒトに対する作用

Ⅳ. 大麻草由来成分やその類似成分を用いた医薬品

はじめに、ナピキシモルズ(サティペックス)の臨床、ドロナピノール(マリノール)の臨床、ナピロン(セサメット)の臨床、おわりに

Ⅴ. 医薬品としての大麻

医薬品としての大麻の評価、わが国における医薬品としての大麻

Ⅴ. 大麻と危険ドラッグ

はじめに、危険ドラックとは、危険ドラックの種類とその健康被害、危険ドラックの包括指定、危険ドラックと大麻、おわりに

Ⅵ. 大麻の乱用

各国における状況、わが国における状況、大麻吸煙器具、大麻の隠語

Ⅵ. 世界の大麻事情

米国、カナダ、欧州

 

Ⅶ. 大麻の取締り

大麻の国際的規制、1961年の麻薬に関する単一条約の主要規定、わが国における大麻取締りの変遷、大麻取締法の主要規定、わが国の大麻栽培状況

Ⅶ. 大麻草およびその成分の医療での活用

米国、カナダ、欧州

Ⅷ. 大麻の社会学的考察 Ⅷ. 大麻問題に関する施策と教育啓発の現状

はじめに、本邦における大麻問題の現状、政府の薬物乱用防止5力年戦略、国および地方自治体の薬物乱用防止に係る啓発・教育施策、代表的な関係団体の取り組み

 

Next ⇨ 第2回:44年前(1976年)の厚生労働省の大麻冊子の発行元を比較してみた!に続く

参考文献:
「大麻」1976年
https://www.hokkaido-hemp.net/kouseisyo-taima-report1976.pdf

「大麻問題の現状」
企画・編集:厚生労働行政推進調査補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス政策研究事業)
「危険ドラッグ等の濫用防止のより効果的な普及啓発に関する研究」研究班
真興交易(株)医書出版部 全127頁、2020年3月
http://www.dapc.or.jp/torikumi/20200415.pdf

MM411 APAC 統括責任者。日本のカンナビノイド医学教育発展のため尽力する。アジア全域のグローバル日本企業への人材及び組織開発の教育研修設計に従事。また名門ベンチャーキャピタル投資顧問会社セコイアキャピタル日本顧問、日経機関投資家アンケートトップ業界アナリスト入賞。CNN出演。早稲田大学・スタンフォード大学ビジネススクール

jaJapanese