Back to top
Share

抗炎症作用

Category
米国の医療従事者は、医療用大麻についてどう考えているのか?
カート・ハーン 18/03/2022

米国の医療従事者は、医療用大麻についてどう考えているのか?

日本では、大麻への偏見・スティグマが根強く残り、また大麻取締法が足枷となり研究が不足していることで、結果、立法者も世界的な合法化への潮流にどう対処すべきか頭を悩ませています。そこで今回、米国の医療従事者の医療用大麻に対する意識調査の報告書を以下にまとめました。

Read More
大麻の研究を続ける「近代カンナビノイド研究の父」ラファエル・ミシューラム博士
カート・ハーン 17/03/2021

大麻の研究を続ける「近代カンナビノイド研究の父」ラファエル・ミシューラム博士

イスラエルの有機化学者であり、エルサレムヘブライ大学の医用化学教授でもあるラファエル・ミシューラム博士が1960年代初頭にTHCとCBDの構造に関する画期的な研究成果を発表したとき、その反応は彼が期待していたものとは大きく異なっていました。大麻が薬用に使えるという考えを世界はまだ受け入れておらず、多くの人が大麻を役に立たない娯楽用の「麻薬」と考えていたからです。

Read More
en_USEnglish