Back to top
Share

高CBDヘンプバイオマスの餌が牛のストレスを軽減させる

カート・ハーン 06/05/2022 0 comments

2022年3月

産業用大麻のCBDヘンプバイオマスの餌が牛のストレスを軽減させ、健康を増進する可能性があることがScientific Reports誌に発表された。

牛が最もストレスを感じるのは、母牛からの離乳時と、輸送のため狭い空間に詰め込まれるときであることを牧場主は知っている。ストレス下にある動物は、呼吸器感染症などの病気を発症する可能性が高く、牧場主に更なる負担を強いることになる。この新しい研究は、牧場主が高CBDのヘンプバイオマスの餌を加えることで、牛のストレスを軽減することができることを示唆している。

2020年以降の連邦政府出資による研究

人間や牛、昆虫を除く全ての動物には、カンナビノイドやCBDなどのカンナビノイド分子が活性化する内因性カンナビノイド系(エンドカンナビノイドシステム略してECS)が備わっている。何百もの臨床研究により、CBDECSを介したヒトでのストレス軽減作用しっかりと確立されている。しかし、動物におけるECSはどうだろう?ペットや他の動物を使ったカンナビノイドの獣医師による研究は沢山(ロバ)あるが、この研究以前にCBDと牛に関する具体的な研究はほとんどない。

2020年から、カンザス大学獣医学部の研究チームは米国農務省からの20万ドルの助成金の一部を受け、高CBDのヘンプバイオマスの餌が牛のストレスを軽減するかどうかについて調査している。

牛の検査方法

カンザス大学獣医カンザス大学獣医学部の研究チームは、16頭のホルスタイン種雌牛を用い、8頭ずつの2つのグループに分け、2週間にわたり一方のグループには通常の飼料を与え、もう一方のグループには、牛の体重1kgあたり5.5mgのカンナビジオール酸(CBDA)からなるヘンプバイオマスを与えた。

研究者たちは、牛の行動を観察し、一定時間ごとに血液を採取して、ストレスレベルを示す一般的なバイオマーカーであるコルチゾールとプロスタグランジンのレベルを分析した。

研究者の予想通り、CBDAを摂取した去勢牛のグループは、これらのバイオマーカーのレベルが低く、他の去勢牛のグループよりもストレスが少なかったことが示唆された。また、ヘンプバイオマスの餌を食べた牛のグループは対照群よりも横になっている時間が長く、CBDがストレスの症状を軽減するという研究者の仮説を裏付ける結果となった。

CBDバイオマスの有効活用

私たちが店頭で目にするCBDオイルは、ヘンプの花や葉を剥ぎ取り、残ったバイオマスを処分して作られる。牛は麻の茎のバイオマスを十分に消化することができるため、麻の残滓(ざんし:残りかす)を牛の飼料として使用すれば、植物の無駄を減らし、家畜がより健康でリラックスできるようになることを示唆している。また、牛が食べたカンナビノイドは完全に吸収され、動物の体内に蓄積されないことも判明した。

カンザス大学獣医学部の牛肉生産医学の教授でチームリーダーであるマイク・クラインヘンズ氏は、『我々は、家畜におけるCBDの利点の幾つかについて知りはじめたばかりだが、牛のストレスを軽減するより自然な方法を手に入れたかもしれない。』と述べている

今後、更なるテストが予定されている

米国食品医薬品局(FDA)は、農家がヘンプを食用の家畜に与えることを禁じている。同局は、ヘンプを食べた牛の肉や牛乳に微量のカンナビノイドが残留している可能性を懸念している。

今回の研究ではこうした懸念が杞憂に終わる可能性を示唆しているが、研究チームは更に調査を進める意向だ。

クラインヘンズ氏は「ある種の探索的な研究で実に興味深い結果を得ることができた。動物が最後にヘンプ化合物を摂取してから食物連鎖に安全に入り、その化合物が体内に存在しなくなるまでのタイムライン全体を把握したい」と語る。

参考文献

National Library of Medicine (米国立医学図書館): Federally funded study results show that a diet of hemp reduces stress in cows

National Library of Medicine(米国立医学図書館): Applying CBD Topically Can Help Facial Stress and Jaw Pain

The American Journal of Psychiatry (心理学雑誌): CBD Curbs Stress Related to Opioid Cravings

The Journal of Immunology (免疫学雑誌): CBD Helps Increase Mobility in Dogs and Treat Osteoarthritis

MM411 APAC 統括責任者。日本のカンナビノイド医学教育発展のため尽力する。アジア全域のグローバル日本企業への人材及び組織開発の教育研修設計に従事。また名門ベンチャーキャピタル投資顧問会社セコイアキャピタル日本顧問、日経機関投資家アンケートトップ業界アナリスト入賞。CNN出演。早稲田大学・スタンフォード大学ビジネススクール

Post a comment

Your email address will not be published.

en_USEnglish